むしかりの花

musikariむしかりのはな
晩春

【解説】
むしかりはスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。日本各地の山地 に自生し、高さは二から五メートルくらい。四月から六月にかけ て枝先に粒々状淡黄色の両性花を咲かせる。まわりを白い装飾花 が彩る。
【科学的見解】
ムシカリの標準和名は、オオカメノキである。オオカメノキは、北海道から九州の山地に生育している。種子を形成する両性花だけでなく、受粉昆虫を引き寄せるための装飾花も有しているため、アジサイのような花に見える。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。