春の雹

はるのひょう
三春

雹は積乱雲の発達により雷とともに降る氷の塊で夏の季語。大き なものは鶏卵ほどもあり人を直撃して危険をおよぼすこともある が、春の雹は小粒であっという間に消え去ることが多い。

コメントは受け付けていません。