春の露

はるのつゆ
晩春

露は空気中の水蒸気が放射冷却で冷やされて草木に水の玉となっ て付着するもので、秋の季語とされている。春の露となると冬が 過ぎ、それまで寒々と乾燥していた草木がしっとりと潤いをもつ さまを思わせる。
さぞな袖草には置かぬ春の露
也有「蘿葉集」
すでに春ちる露見えて松の月
一茶「西国紀行」

コメントは受け付けていません。