初虹

はつにじ
晩春
春の虹

虹だけだと夏の季語だが、初虹となると春初めて立つ虹のこと。 七十二候の清明のころに「虹初めてあらわる」の一候があり、そ れと対応する。太陽の光が弱いころの虹であり、淡くはかない感 じがある。

初虹もわかば盛りやしなの山
一茶「九番日記」

青苔や膝の上まで春の虹
一茶「七番日記」

初虹や帆あしの遅きのぼり舟
塩原井月「井月全集」

初虹や岳陽楼に登る人
尾崎紅葉「紅葉句帖」

初虹や東近江の田中道
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。