初電

はついなびかり
仲春

春の稲妻のこと。稲妻は大気中の放電現象で、本来は秋の季語。 春のそれは秋の稲妻ほど激しくない。七十二候のひとつ、 「始電(はじめていなびかりす)」に対応する。

コメントは受け付けていません。