焼山

やけやま
初春

春になって害虫を駆除し牛馬の食べる若草の成長を促したり、蕎 麦畑などとするために、枯れ草を焼いた小山のこと。焼いた後の 山を指すほか、現に炎を上げている山を指すこともある。

焼山の明りかざすや門の風呂
右雄「発句題叢」

山の煙かかりぬ暮の月
朝竹「発句題叢」

コメントは受け付けていません。