焼野

やけの
初春
焼原/焼野原/末黒野/末黒

芽吹きを促すため野焼きをして黒々と焦げた野原。いま炎の上が っている野原も指す。

鳥の行く焼野のくまや風の末
猿雖「炭俵」

野とともにに焼る地蔵のしきみ哉
蕪村「蕪村句集」

しののめに小雨ふりだす焼野哉
蕪村「蕪村句集」

うしろより雨の追ひ来る焼野かな
大魯「蘆陰句選」

草に置く身も安からぬ焼野かな
樗良「題林集」

越えわびて淋しうなりし焼野かな
白雄「白雄句集」

二つ三つ石のするどき焼野哉
冬羽「文車」

火の絶えて鼠の走る焼野哉
長圃「続明鳥」

風あれて兎寒がる焼野哉
成美「杉柱」

焼けながら黒き実残る野の葎
正岡子規「新俳句」

雉の声あらはに悲し焼野原
正岡子規「寒山落木」

旧道や焼野の匂ひ笠の雨
夏目漱石「漱石全集」

昼ながら月かかりゐる焼野かな
原石鼎「花影」   

コメントは受け付けていません。