春の堤

はるのつつみ
三春
春の土手

明るい春日が降り注ぎ、草花が萌える堤。日本の原風景の一つと いえる。子どもたちが水量の増えたせせらぎをのぞき込み、幼子 を連れた母親らが土筆や蓬を摘んでいる。堤に寝そべり本を読ん でいる人の姿も見える。

麦畑の人見る春の塘哉
杜国「あら野」

コメントは受け付けていません。