凍解

いてどけ
仲春
凍解く/凍ゆるむ

仲春の季語。冬の凍てついた大地が春暖で解けること。北海道な ど北国の凍てついた大地はそれこそスコップが弾き返される硬さ だが、凍解により柔らかな春泥に様変わりする。春の訪れを喜ぶ 北国の人たちの表情が大地とともにある。

凍どけて筆に汲干す清水かな
芭蕉「小文庫」

凍解やいつか倒れしつぐみ罠
素丸「素丸発句集」

凍とけやたえて久しき引板の音
里川「野梅」

凍どけや野づらに高き鶴の脛
青蘿「青蘿発句集」

いて解や木わたの里のかり足駄
大江丸「俳懺悔」

凍どけやかし下駄もある下向道
一茶「九番日記」

凍解や戸口にしけるさん俵
正岡子規「寒山落木」

凍滝の寂寞たりし解けはじむ
松本たかし「火明」
  

コメントは受け付けていません。