残る氷

のこるこおり/のこるこほり
仲春
浮氷

春になっても川や湖沼の水辺などに解け残っている氷。似た季語 に薄氷があるが、こちらは春の寒さに重きを置いているのに対し、 残る氷は春暖に重きを置いている。

薔薇色の暈して日あり浮氷
鈴木花蓑「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。