御灯

ごとう
晩春

平安時代の陰暦三月三日、天皇が京都北山にあったと伝えられる 霊巌寺の妙見菩薩(北辰菩薩)に灯火を奉納した行事。北辰菩薩 は北極星を神格化したものとされ、農耕の守護神として尊崇され た。九月三日にも同じ行事が行われたが、平安末期には廃れた。 読みは「ごとう」とも「みとう」とも。

コメントは受け付けていません。