阿蘭陀渡る

おらんだわたる
仲春
紅毛渡る/オランダ渡り/オランダ下り/甲比丹渡る

江戸時代、長崎・出島のオランダ商館長(カピタン)が毎春(後 に四~五年ごと)江戸に来て、将軍に拝謁、貢ぎ物を献上した行 事。一六三七年の島原の乱以後、幕府の鎖国強化で来航が許され たのはオランダだけとなり、幕府にとってカピタンのもたらす事 物は貴重だったし、庶民にとっても一行の出府は注目の的であっ た。

阿蘭陀も花に来にけり馬に鞍
芭蕉「俳諧曾我」

コメントは受け付けていません。