一日正月

ひとひしょうがつ/ひとひしやうぐわつ
仲春
重ね正月/二月正月

旧暦二月一日に、正月と同じように厄払いの祝いをする行事。旧 暦時代、満月の一月十五日を小正月として祝ったため、その後の 初の朔日(一日)として改めて祝いの日とした。初朔日→

コメントは受け付けていません。