八朔梅

はっさくばい
仲秋
からくれなゐ/八朔紅梅

八朔のころに咲く梅のこと。「八朔」は陰暦の八月一日のこと。 「朔」は「朔日」のことで一日を意味する。八重の淡紅色の花を つける珍しい梅である。

盆やすみて八朔梅の星月夜
淡々「発句題叢」

八朔の梅咲く国に生まれたし
文兆「三日月集」

コメントは受け付けていません。