薄紅葉

うすもみじ/うすもみぢ
仲秋

緑の残る淡い色の紅葉をいう。紅葉の走りではあるが、深い紅の 冬紅葉などとは違った趣を持つ。

錦手や伊万里の山の薄紅葉
宗因「誹枕」

色付くや豆腐に落ちて薄紅葉
芭蕉「両吟百韻」

町庭のこころに足るや薄紅葉
太祗「太祗句選」

山里や姻り斜めにうすもみぢ
闌更「半化坊句集」

コメントは受け付けていません。