銀杏の花

いちょうのはな/いちやうのはな
晩春
公孫樹の花/ぎんなんの花/花銀杏

裸子植物で落葉高木。中国原産。目立たない花だが四月頃、新葉 とともに雌花、雄花が別々の株に咲く。雌花は緑色で花柄の先に 二個の胚珠をもつ。雄花は薄黄色の短い穂状。雄花の花粉が風に 乗って雌花の胚珠に受精する。実がぎんなん。
 
銀杏の花や鎌倉右大臣
内藤鳴雪「鳴雪俳句鈔」

コメントは受け付けていません。