畑焼く

hatayakuはたやく
初春
畦焼く/端やき/やけばた/畦火

田畑や畦を焼くこと。畑の作物の枯れ残り、枯草、藁などを焼き 払って害虫の卵や幼虫を絶滅させ、その灰が畑の有用な肥料とな る。

畠焼くや一本の梅に凝る煙
高田蝶衣「青垣山」

畦焼くや蜘蛛走り出し石の上
西山泊雲「泊雲句集」

はしりきて二つの畦火相博てる
加藤楸邨「寒雷」

コメントは受け付けていません。