枸橘の花

からたちのはな
晩春
枳殻の花

ミカン科の落葉低木。中国中部が原産。高さは二メートルくらい で、刈り込んで生垣に利用されるが、暖地では山野に自生する。 刺が交互に長く伸び枝も多い。晩春に葉に先立ち直径四センチほ どの白色五弁小花を開く。

家鴨等に枳殻の花のこぼれける
志順「斧の柄」

コメントは受け付けていません。