霜くすべ

しもくすべ
晩春
くぐし

晩春、桑の葉が出て茎が伸びるころに、急に霜が降りすっかり桑 の葉が黒くなって枯れることがある。そこで群馬・長野地方の養 蚕家は晴れあがって霜の来そうな晩には、かねて畦に用意してお いた青柴や籾殻、松葉などを焚いて煙幕を作り霜害を防いだ。こ れを霜くすべという。

コメントは受け付けていません。