燕の巣

tubamenoko
つばめのす

三春

巣燕/巣乙鳥

燕は比較的人の集まるところ、人家の軒下、橋の下などに泥や藁 で巣を作る。人の集まるところには蛇や烏などの外敵が近づかな いといわれる。前年の古巣に土をつけ足して作ることもある。巣 ができるとそこで卵を産み、孵化させる。

わりなしやつばめ巣つくる塔の前
蕪村「新五子稿」

巣を守る燕のはらの白さかな
太祇「太祇句選」

巣乙鳥の下に火をたく雨夜かな
白雄「白雄句集」

庵室や竹のたる木に燕の巣
松瀬青々「妻木」

巣燕の悲しみ合ふを人知らず
河東碧梧桐「碧梧桐句集」

tubamenosu

コメントは受け付けていません。