浅蜊

asari
あさり

三春

鬼浅蜊/姫浅蜊/殻浅蜊/浅蜊売/浅蜊汁/浅蜊舟/浅蜊取/浅蜊飯

マルスダレガイ科アサリ属に属する二枚貝の総称をいう。四セン チほどの二枚貝で、貝殻の模様は同じ模様をしたものがないほど さまざまである。日本各地の沿岸の浅くて塩分の薄い砂あるいは 砂泥底に分布する。肉は美味で味噌汁などに利用される。

あさり貝むかしの剣うらさびぬ
其角「五元拾遺」

の日や磯のあらあらあさり貝
祇空「住吉物語」

陽炎にばつかり口を蜊かな
一茶「七番日記」

コメントは受け付けていません。