楓の花

かえでのはな/かへでのはな
晩春
花楓/もみぢ咲く

楓は一般に言うモミジのことでカエデ科のカエデ属の落葉高木の 総称である。花は晩春に新葉とともに開く。雄花と両性花がある。 両性化は小さく紅色の五弁で、やがて翅をつけたような実となる。

コメントは受け付けていません。