茂吉忌

もきちき
初春

二月二十五日。歌人斎藤茂吉の忌日。山形県生まれ。精神科医。 短歌は伊藤左千夫に師事、歌誌「アララギ」の中で独自の進境を 示し、大正二年刊の第一歌集『赤光』は広く文壇の注目を集めた。 歌論『柿本人麻呂』『源実朝』などの研究、西洋紀行、随筆など 多くの著作がある。昭和二十八年没。七十歳。

コメントは受け付けていません。