北窓開く

きたまどひらく
仲春

冬の間、寒さを防ぐために閉め切っていた北の窓を開けること。 暑さ寒さも彼岸までといい、春の彼岸前後に行うことが多い。春 の訪れを、風や光の取り入れとともに感じるのである。

コメントは受け付けていません。