啄木忌

たくぼくき
晩春

石川啄木の忌日で、四月十三日である。岩手県に明治十九年に生 まれる。最初「明星」派の詩人として登場したが、やがて小説家 を目指して職や住居を転々とした。明治四十三年に「一握の砂」 を出した。明治四十五年、二十六歳で没した。

コメントは受け付けていません。