甘蔗植う

かんしょうう
初春

さとうきびの植え付けのこと。一月の春植え、六月の夏植え、株 出しの三つの方法がある。株出しとは、南国は霜害に見舞われる ことがないため、春植えの株の収穫を行った後にその株から自然 発芽したものをそのまま育てる方法である。最も多く行われる植 え付けは夏植えである。

コメントは受け付けていません。