丈草忌

じょうそうき/ぢやうさうき
仲春

尾張国犬山藩士で、蕉門の俳人の内藤丈草の忌日。陰暦二月二十 四日である。「猿蓑」の跋文を記している。編著に「寝ころび草」 追善集に「幻之庵」などがある。芭蕉没後は、芭蕉の墓を守って すごした。元禄十七年、四十三歳で没した。

つれなきは比良の雪なり丈草忌
松瀬青々「鳥の巣」

コメントは受け付けていません。