芥菜

からしな
三春
芥子菜/青芥/菜芥/辛菜

【解説】
アブラナ科の一年草または二年草。春、黄色の小さな十字花をつ ける。古くから食用として栽培され、葉茎は油炒めやおひたし、 漬物などに利用される。また種子を粉末にしたものが芥子として 使用される。
【科学的見解】
芥菜(カラシナ)は、アブラナとクロガラシとの交雑種で、中央アジアに分布している植物である。日本へは、九世紀の書物に記載されているため、それ以前に渡来していたと思われる。カラシナの品種は相当あり、大きく葉カラシナ群、タカナ群、多肉タカナ群、中国野菜のカラシナなどに分かれる。中国野菜のザーサイ(搾菜)は、カラシナの仲間である。(藤吉正明記)

辛菜も淋しき花の咲きにけり
一茶「文化六句日記」

からし菜が濃緑に夜や明けぬらし
前田普羅「新訂普羅句集」

コメントは受け付けていません。