三月

さんがつ/さんぐわつ
仲春

草木の芽吹きが活発となる頃だが、北国はまだ雪に閉ざされてい る。下旬には桜の花が咲きはじめる地域も多い。最近では多くの 人が、花粉症に悩まされる月でもある。

三月や冬の景色の桑一木
丈草「丈草発句集」

富士にそうて三月七日八日かな
信徳「一楼賦」

三月と文にかくのも名残かな
去来 「渡鳥集」

大雨や花の三月ふりつぶす
一茶「七番日記」

三月や木曽のおくまで花のちる
蝶夢 「東遊紀行」

三月や生毛生えたる甲斐の山
森澄雄 「浮鷗」

いきいきと三月生る雲の奥
飯田龍太

コメントは受け付けていません。