花鳥

はなどり
三春

花と鳥、春のもっとも優雅なものを二つ並べた言葉で、花と鳥尾を 観賞し楽しむ意がこめられている。春の気分を象徴する季語であろう。

花鳥に何うばはれてこのうつつ
鬼貫「鬼貫句選」

蝙蝠も出でよ浮世の華に鳥
芭蕉「西華集」

花に入る鳥や招かん須磨の縁
惟然「染川」

コメントは受け付けていません。