春の鷦鷯

春の鷦鷯/はるのみそさざい
三春
よくとおる美声でさえずる、すばしっこい味噌色のとても小さな 鳥。繁殖期の初め頃からピピピチュイチュイ、チリリリと囀る。 山地の湿った斜面に棲む。こまかい枯れ枝で巣の外装だけ雄が作 り、つがいができてから雌が巣を完成させる。尾をいつも上げて いる。

コメントは受け付けていません。