正月事始

正月事始/しようがつのことはじめ/しやうぐわつのことはじめ

事始の餅/事始
十二月十三日、一年を締めくくり新年の準備を始める日。歳暮の 挨拶もこの日から始まる。京都では、本家、師匠、日頃世話にな っている人の所へ、挨拶に行く。祇園の花町でも、舞妓や芸妓が 師匠宅に挨拶に出かける。江戸時代からのものと言われる。
能杖を買や宗祇の事はじめ
嘯山「葎亭句選」
胡鬼売の声し初めけり事始
亜笛「発句題集」う
かとしてまた驚くや事はじめ
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。