衣配

衣配/きぬくばり

歳末、正月の料に親しい人に晴着(衣)を贈ること。光源氏が暮 に女たちに衣装を贈ったという「源氏物語玉かづらの巻」による 季語で、現在のことではない。しかし現在でも、歳暮に春着を贈 ることはめずらしいことではない。
文箱の先づ模様見る衣配り
曾良「深川集」
かねてよく顔見られけむ衣配
太祇「太祇句選」
屁負比丘尼まかり出でたよ衣くばり
蕪村「不夜庵春帳」
ぶつぶつと鳩の小言や衣配り
一茶「文化句帖」
燭持もあやをすかすや衣配り
野坡「野坡吟艸」
配り来し衣を置けり持仏堂
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。