竈祓

かまばらい/かまばらひ

荒神祓/竈の神祭/竈の公祭/竈祭/竈注連

年末の竈の祭である。江戸時代には、神主や巫女が神楽鈴と扇を 持って家々の竈の前でお祓いをした。十二月二十八日、民家でも、神主を呼んで竈の神を祀った。京都では、太神楽を招いて竈を払わせることがあった。

かまど詣牛の子寒し里の雪
言水「後れ双六」

コメントは受け付けていません。