待降節

たいこうせつ/たいかうせつ
初冬

降誕祭まで、四つの日曜日を含む四週間の節で、降誕祭の準備期 間である。待降には、救世主キリストの来臨と、終末の日にその キリストが再臨するという二重の意味がある。ドイツでは、アド ベント・クランツ(花輪)に蝋燭を灯し、クリスマスを待つ。

コメントは受け付けていません。