達磨忌

だるまき
初冬
初祖忌/少林忌

陰暦十月五日、菩提達磨の忌日。達磨はインドの高僧で、中国に 初めて禅宗を伝えた人。少林寺で九年間、面壁静座をしたことは 有名である。大通二年入寂と伝えられる。

達磨忌や壁にむかひし揚豆腐
言水「江戸弁慶」

達磨忌や自剃にさぐる水鏡
其角 「句兄弟」

達磨忌や一栄西に二道元
許六「正風彦根躰」

達磨忌や宗旨代々不信心
太祇「太祇句選」

達磨忌や寒うなりたる膝がしら
白雄「白雄句集」

鳥栖みて木をからしけり少林忌
松瀬青々「妻木」

達磨忌や達磨に似たる顔は誰
夏目漱石「新俳句」

コメントは受け付けていません。