永観忌

えいかんき/えいくわんき
仲冬

陰暦十一月二日、京都東山禅林寺(永観堂)の開祖永観の忌日。 平安後期の三論宗の僧で東大寺の別当を務め、祥名念仏による浄 土宗の普及に努める。この寺は、紅葉の名所として、又、本尊の 「見返りの阿弥陀」でことに名高い。天永二年入寂、七十九歳。

コメントは受け付けていません。