東福寺開山忌

とうふくじかいさんき
初冬
聖一忌/聖一国師忌/弁当納

十一月十六日、京都市東山区東福寺の開山聖一国師の忌日。駿河 の人。東大寺で受戒。入宗し帰国。弘安三年七十九歳で入寂。当 日、国師の木像を安置し、法要を行う。洗玉澗にかかる通天橋は、 紅葉の見頃で、参詣人は多い。

開山忌となりは留主のいなり山
浪化「浪化上人発句集」

聖一忌仏祖不伝と残されし
嘯山「葎亭句集」

国師忌や通天橋に雲わたる
嘯山「葎亭句集」

雲起る紅葉の上や聖一忌
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。