夏の月(なつのつき) 三夏

【子季語】
月涼し
【解説】
夏の夜といっても暑苦さに変りはないが、古来より暑い昼が去って、夏の夜空に煌々と輝く月に涼しさを感じるというのが本意である。           
*
蛸壺やはかなき夢を夏の月 
芭蕉 「猿蓑」

大井川浪に塵なし夏の月
芭蕉 「笈日記」

夏の月ごゆより出でて赤坂や
芭蕉 「向之岡」

月はあれど留守のやう也須磨の夏 
芭蕉 「笈の小文」

月見ても物たらはずや須磨の夏
芭蕉 「笈の小文」

手をうてば木魂に明る夏の月
芭蕉 「嵯峨日記」

市中は物のにほいや夏の月
凡兆 「猿蓑」

太秦は竹ばかりなり夏の月
士朗 「枇杷園句集」

河童(かはたる)の恋する宿や夏の月
蕪村 「蕪村句集」

蚊屋を出て又障子あり夏の月
丈草 「志津屋敷中」

少年の犬走らすや夏の月 
召波 「春泥句集」

コメントは受け付けていません。