カトレア

かとれあ
三冬
【解説】
熱帯アメリカ原産ラン科の仲間で、植物コレクター、ウイリアム=カトレイにちなみ命名。交配を重ね数千にものぼる品種が生まれた。花は、直径二十センチにもなるものがあり、白、黄、淡紅、紅紫等、まさに花の女王。多くは温室で栽培し、冬から春に開花。
【科学的見解】
カトレアは、別名ヒノデランとも呼ばれるラン科の多年草で、大輪の花を咲かせるため、コチョウランと同様に、温室等で贈答用として栽培されている。近縁種間でも交配が行われており、様々な品種が作出されている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。