梅紅葉

うめもみじ/うめもみぢ
晩秋

梅の葉が色づくこと。色づいてもほとんど目立たず、過ぐに散ってしまう。

打過ぎて又秋もよし梅紅葉
桃隣「笈日記」

散り行くも二度の歎きや梅紅葉
嵐雪「梅の牛」

涼しさや風の色さす梅もみぢ
野坡「野坡吟艸」

コメントは受け付けていません。