銀杏黄葉

いちょうもみじ/いてふもみぢ
晩秋

銀杏が色づくこと。晩秋の公園や街路をあざやかに彩る。日を浴 びて黄落するさまは荘厳でさえある。

いてふ葉や止まる水も黄に照す
嘯山「葎亭句集」

北は黄にいてふぞ見ゆる大徳寺
召波「春泥句集」

コメントは受け付けていません。