名の木散る

なのきちる
晩秋

秋の落葉 ぶなや柞、櫨など、その名が一般に知られている木が葉を落とす こと。俳句に詠む場合は、「柞散る」とか「櫨散る」というよう に具体的な名を当てはめて詠むこととなる。

コメントは受け付けていません。