ひさぎ
初秋
楸散る/きささげ

トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木。日本各地の山地に自 生する。夏、枝先に円錐花序を延ばし、そこに小さな白色の花を びっしりつける。秋にやわらかいとげで覆われた実をつける。実 は熟すと裂けて暗紫色の種をこぼす。俳句では、初秋に葉が散る ものとして秋の季語に分類される。

枝おほふ楸や山をかくし題
西鶴「糸屑集」

村雨の夜まぜになりて散る楸
護物「発句題叢」

コメントは受け付けていません。