朴の実

ほおのみ/ほほのみ
晩秋
【解説】
朴はモクレン科モクレン属の落葉高木。五月ころ、枝先に白い芳香のある大きな花を咲かせる。実は集合果で、熟すと袋果が避けて赤い種が垂れ下がる。
【科学的見解】
朴の標準和名は、ホオノキであり、北海道から九州の山地に自生する落葉高木である。材は良質で家具や小物などに利用され、また葉は食べ物を包むもしくは盛る材料として活用されてきた。ホオノキも含めてモクレンの仲間は橙色から紅色の種子を形成する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。