楢の実

ならのみ
晩秋
柞の実/小楢の実/水楢の実
【解説】
楢は、ブナ科コナラ属の落葉高木ミズナラ、コナラなどの総称である。夏に紐状の花が咲き、秋に硬い実が熟す。くぬぎの実同様どんぐりとも呼ばれる。
【科学的見解】
楢の実は、一般的にはどんぐりと呼ばれ、種子(堅果)と殻(殻斗)に分かれる。コナラとミズナラは、よく似た種であるが、コナラの葉柄は、一センチメートル前後であるのに対して、ミズナラには葉柄がほとんどない。両者の種子は、乾燥に弱いため、落下後すぐに発芽し、冬期の間に地中に根を張る。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。