鶯の付子

うぐいすのつけこ/うぐひすのつけこ
仲夏

美しい声で鳴く鶯の近くに、まだ声の整わない鶯の雄の雛を置き、 美声を習わせること。その雛を付子、親を押親という。

コメントは受け付けていません。