鶯音を入る

うぐいすねをいる/うぐひすねをいる
晩夏

盛んに囀っていた鶯が、晩夏の頃に鳴かなくなること。「入る」 は「納る」の意味。

音を入るる鶯や人のためしにも
千当「新華摘」

音を入た鶯もあり道具店
梅室「梅室家集」

コメントは受け付けていません。