虎鶫

とらつぐみ
三夏
ぬえつぐみ/鵺

ツグミ科の鳥。ツグミ類の中で最も大きい鳥で全長三十センチ程。 体全体がカーキ色で翼、尾羽を除き暗褐色の鱗状班がある。低地 から山地のよく茂った林にすみ、みみずなどを昆虫を捕食する。 ヒーヒョーと口笛のような不気味な声でなくので、この声がする と人が死ぬという伝承もある。昔、京都御所で源頼政が射とめた 怪鳥ヌエの正体はこの鳥であったとも言われている。

コメントは受け付けていません。