寒独活

寒独活/かんうど
晩冬
寒土当帰
ウコギ科の多年草。日本原産の独活のうち萌芽の早いものをいう。 十七世紀には、江戸や京都を中心に軟化栽培が始まった。茎太く 直立し、二メートルもの高さになる。花は、淡緑白色。若芽の茎 と葉を食す。春、山野に自生する独活に較べて芳香は淡い。しゃ きしゃきした歯ざわりが好まれる。

コメントは受け付けていません。